• ¥ 2,000
  • NEW! 板東靜mini album  「WEATHER INDOOR」¥2000 (税込) インスト作品。 2019年、板東靜はギャラリーミュージックを担当する機会が2度ありました。 4月から6月にかけて、'品川キャノンギャラリー'での『空海展』。そして11月に大阪'Gallery TAA'にて『MICHIKO MATSUGUCHI EXHIBITION』。この2つの展覧会のギャラリーで会期中に流れていた音楽をリマスタリングして収録しました。何時間聴いてもジャマにならない、かつ、飽きないような音楽を、あなたの暮らしへお届けします。ジャケットデザインは友人画家である松口美智子さん。 1曲目「room〔℉〕」と2曲目「room〔℃〕」は、大阪Gallery TAAの音楽。松口さんの個展のための、これらの曲は、板東靜がスペインから帰国後すぐに製作したものです。この時はパジャマにすっぴん姿で、大阪の実家のピアノで即興演奏したものを録音しました。3曲目の「Gallery〔hPa〕」は空海展の音楽で、東京の自宅でシンセサイザーで作曲したもの。 ​屋内にいながら、空模様は幾重にも色彩豊かに移り変わり、すぐそばから遠く彼方まで、気候や季節の香りの広がりに浸ることができる…そんなコンセプトのミニアルバムを、どうぞお楽しみください。

  • ¥ 2,500
  • 〜 太古の記憶が開く 月と海と星々と音楽のハーモニー 〜 『きょうの図形楽譜 -scene2- 』 海辺の満月、ウエサク祭に導かれた音を含む 宇宙の息吹を収めた板東靜ソロ作品。 - - - - - - -【収録曲】- - - - - - - Ⅰ. cosmic breating [W] Ⅱ. The vesal full moon 2018.5.29_18:49/ Tokyo Ⅲ. 七つの子 Ⅳ. cosmic breathing [M] Ⅴ. サラスヴァティの歌 - - - - - - -- - - - - - -- - - - - - -- - - - その日その場所その瞬間に 地球からみた宇宙の地図を楽譜に見立てて、 一度限りの即興演奏をする 『きょうの図形楽譜』シリーズ、第二弾が登場! 古代ギリシャ文明とインド古典音楽をお手本に、 〜耳に聴こえる音楽と、聞こえない音楽を行き来する〜 作品です。

  • ¥ 1,500
  • オリジナル直筆イラスト、 ひとつひとつ配色が異なります。

  • ¥ 2,000
  • 1st mini album 〈収録曲〉 1.The vernal equinox-1-2017.03.19_13:30/Osaka 2.The vernal equinox-2-2017.03.19_13:30/Osaka 3.Light Source-Deading & Living-(LIVE REC.)2016.10.14_19:00/Tokyo ♪Bonus Truck♪ 高野山開創1200年記念 『空海千二百年の輝き』サウンドトラック、ダイジェスト版 その日、その時間、その場所の宇宙の地図を楽譜に見立て、 仕込みなし、一度きりの即興演奏。

  • ¥ 2,500
  • '肉体の美プログラマー'そして、ダンサーである黒須明美さんの千葉のサロン、 Body Harmony Forestさまとのコラボレーションより生まれた季節の音楽。 テーマは春。 そして、もうひとつのコンセプトは… co-worker に捧ぐ … です。 《収録曲》 ♪ 1.「雪解けα (アルファ)」 ♪ 2.「ことし初めてコートなしで出かけた日の音」 ♪ 3.「雪解けβ (ベータ)」 ♪ 4.「Joy of Cells」 ♪ 5.「クラリネ」 ♪ 6.「アセンションOrgan」 ♪ 7.「Cells of Joy」 [今回の作品を作るにあって、板東靜のco-workerたち] ・10本の指 ・楽器のおともだち ・ママのおやつタイム ・コンビニのコピー機 ・あなたの魂の耳 6曲目の〈Organ〉とは、 「オルガン」と、もうひとつ、「臓器」という意味の語。 今ここに肉体を持ちながらにして宇宙を自在に思い出すこと。 カラダという小さな大宇宙。 ジャケットは、コラボ展開しているWORKSHOP【オト×カラダ遊び】で2人が踊っている様子をデザインしました。 ☆数量限定、付録つき☆ パッケージ内に付録がついています! 季節を共に奏でる、あなたの素晴らしきco-workerたちの、 なまえを呼んで、おもいをかよわせ、 その空間に音楽が満ちることで、この作品は完成する。 あなたの季節の調べを奏でてみてください♪ ※ 付録つきは、数がなくなり次第、終了します。